出会い系でゲットした舌づかいがねっとりの人妻体験談

 

こんなあるん思ったおもしろ体験です

 

その日は思いの外早く仕事が終わってしまい

 

夜が暇になってしまったので出会い系サイト開き
特に期待もせず掲示板に書き込みしてみました

その日は車だったため比較的自由に動ける事も
アピールしつつお暇な人がいればメール下さいと

 

そしたら思いもかけずメールが

 

どうせサクラさんかな
思いつつメールを読みました。


旦那さんが夜勤でいないうちに来てほしいと
書いてありました

 

どのみち暇だったので
サクラさんのお相手でもするつもりで
返信して話を聞くと旦那さんとは
最近会話がないこと

 

子どもも小さく家から出れないフラスト
レーションが
溜まってること

 

そして家への細かい道案内がされたのでした

 

本当かいなと思いながら会話してると
どうも本気らしい事が分かり

 

ダメ元で騙されてみるのも社会勉強かと
彼女から教えられた場所まで車を走らせる
事にしました

 

でも地元じゃないのでなかなか言われた
場所に辿り着けませんでした。

 

コレはいよいよ遊ばれてるかと思ったところで
彼女に言われていた目印のお店を見つける事が出来たのでした

 

お店についた事を知らせると電話しましょうと
電話番号を頼まれました

 

ここまで付き合ってきて断る理由もないので
番号を教えるとすぐに電話がかかってきた

 

思っていたよりも可愛い

 

目印のお店からはさらに
ややこしいということで彼女に
ナビされながら

 

自宅まで・・・

 

自宅に着くと彼女が家の前で待っててくれた

 

家にいたことをうかがわせるジャージ姿

 

小柄の細み髪はショートで茶髪で目は
切れ長の美人さんでした

 

促されるままに部屋に

 

生活感の漂うキッチンを抜け居間に落ち着く

 

落ち着くやいなや彼女は抱きついてきて
顔を胸にうずめてきた若干戸惑いながらも
頭を撫でてあげる。

 

しばらくそのままでいると奥から子供の泣き声が

 

ごめんちょっと待っててね

 

奥に消える彼女

 

しばらく待ってるとおっぱいあげてきた彼女

 

いくつ聞くと六ヶ月
また泣くかも言いながら唇を重ねてきた。

 

そして舌を激しくからめてきた

 

その辛めかたがとてもエロくて
下が固くなるには十分だった

 

それを覚ったのか彼女の手がすっと伸びてきて
固くなったものに触れる

 

そして驚いたように唇を離して
ちょっとすぎないこれ一言

 

舐めていい僕の答えは待たずに
手際よくズボンを脱がされパンツを下げられると
彼女の口であたたかく咥えられてた

 

舌づかいはねっとりとても上手だった

 

でもごめん顎が限界早々に終了だった

 

残念がってるとごめんねとつぶやきながら
ジャージを脱いでいく彼女

 

ヒョウ柄の下着にTバック

 

お尻をこちらに向けると
舐めてと69の体制に

 

ビタビタに既に濡れてる彼女の下着の上から
舐め回し指を挿れ思いっきりかき回してあげると
悲鳴に似た喘ぎ声が出た途端口を抑え
必死に我慢するのが分かった

 

さらに責め立てると我慢しきれずに
声が漏れる

 

でもそれがいけなかった

 

奥から子どもの泣き声が

 

ごめんそのままの姿で奥に消える彼女

 

そして何を思ったのか授乳したまま戻ってくると

 

寝転んでた僕の上にまたがり自分で中に

 

もうそっからは何がなんだか分からないまま
授乳しながら悶える彼女

 

そっと隣に子どもを寝かせると
激しく動き始めキュッキュッと締まる。

 

彼女のあそこに僕も我慢の限界

 

イってもいい聞くと中に頂戴と彼女

 

でもと躊躇するこちらの声は無視して
激しく腰をふる彼女に負けそのまま彼女の中に

 

落ち着いたところで子どもを奥に
寝かしつけにいった2ラウンド目スタート

 

結局間に授乳をはさみながら
3ラウンド

 

朝方

 

車で帰ってると彼女から
「お股が筋肉痛だよメール

 

 

忘れられない体験でした。

PCMAXの登録ページへ  (18歳未満は利用禁止)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA