セックス中に電話!?寝取り癖の変態人妻と不倫セックス!

皆さんに質問ですが
セックスをしているときに
電話をかけたことはありますか?
それか
相手に電話をかけさせたことはありますか?

AVでは
よくあるシチュエーションなのですが
これを現実でやってみると
どんな感じになるのか
そう考えてみたのです。

実際に
人妻とセックスをすることはあっても
やはり家庭のこともあるので
背徳感を感じているとはいえ
そこまで大胆な行動をする人は
まったくいませんでした。

しかし
今回の女性に関しては
旦那が家にいたとしても
話すことは本当に業務的なもので
離婚間近といっていたほどです。

そうなってくると
家庭のことを考えないようになり
正直離婚の既成事実を
作っているような気がしました。

ただ
これは別に問題ないことで
僕自身も人妻と
単にセックスをしたかっただけだったので
気にしませんでした。

不倫という形になってしまいますが
これは致し方ありません。

相手が
もうその気でしかないので
僕もその気になるしかないと
感じてしまったのです。

背徳感を感じる
セックスをしてみるとわかりますが
それがスリルになってしまい
どうしてもはまってしまいます。

そこに
セックス中に電話をかける
というものが入ってしまえば
もう化学反応が起こってしまうのです。

今回
そのセックス中に
電話をかけ始めた
人妻について少し紹介していきましょう。

PCMAXでは単なるセフレ募集

僕自身
エッチをするときに
特に重要視しているものは
テクニックでした。

しかし
単純にテクニックを求めていても
あまり意味がなかったので
今回はスリルも求めることに。

そのため
単純にセフレと
キーワード検索するのではなく
セフレ 不倫
で検索にかけてみることにしました。

最初は
そこまで出てこないと
思っていたのですが
意外にヒットするではありませんか。

なぜか
ここに足を踏み入れてしまうのに
少し抵抗してしまう自分がいました。

というのも
一線超えてしまうと
その溝にはまってしまうと思ったからです。

単に
セックスをするだけなら
良いですが
そこに不倫要素
混ざってしまうとどうしても
抵抗しなければなりません。

しかし
それがスリルに変わるなら
問題ないと思ったのです。

今まで
普通にセックスをしていて
少し飽き飽きしていた
僕にとってはかなり好都合だったのです。

様々な女性の中から
一番住んでいるところが近い人を
検索してその人にメッセージを送ることに。

ダメ元で送っていた部分もあり
ポイントも限られていたので
そこまで積極的にメッセージするのも
どうかと思っていました。

しかし
その女性からすぐに返信が。

とにかく
セックスをしたい
セックスに飢えている!
そういう旨のメッセージを送ってきました。

これはもう
連絡を継続するしかない
そう思ったのです。

エッチな女性に限って
積極的というのが
PCMAXの特徴でもあります。

やり取りの延長から会うことに

その女性と
やり取りをしていると
会うことになりました。

そもそも
セフレを募集しているので
会わないと意味がありませんよね。

女性と
会って気づいたことは
この人は本当にエロいということです。

身なりに関しては
かなり綺麗目な感じで
とてもセックスレス
セックスに飢えている感じはしませんでした。

初めの印象は
お互い好印象であり
今後のセックスがどうしても
楽しみになってしまいましたね。

 

ホテルについて驚愕の行動

ホテルについてから
エッチをすることになりました。

相手のペースに合わせて
エッチをするというのが
今回の流れであり
確かに相手がエッチだということ
相手が僕よりも年上であることが
そうさせてしまったのかもしれません。

前戯に関しては
しっかり僕の手マンをお見舞いしてやりました。

最初は
気持ちいい場所を探しているのか
僕が手マンをしている間でも
体をくねらせて
自分で気持ちいい場所を見つけていました。

すると
それなりに気持ちい場所が
見つかったのか
そこが定位置になり
しっかり手マンをしてみました。

すると
彼女はかわいい声で
「ああん。あん」
と喘いでいるではありませんか。

それに興奮してしまったので
僕はクンニをしてみることに。

しかし
クンニをしている途中に
驚愕の行動をしたのです。

なんと
旦那に電話をかけてしまったのです。

「今日夜帰るの遅くなる、うん、うん。」

日常会話をしていました。

しかし
その間も僕は
クンニをやめることなく
彼女のおまんこをしっかり舐めていたのです。

すると
彼女は若干声を我慢しながら
電話をしているではありませんか。

それに興奮してしまい
僕は挿入を決意したのです。

さすがに
挿入しているときは電話を切っていました。

ばれてしまうと
思ったのでしょうね。

しかし
僕としてもセックス
集中してほしかったので
それは勘弁してほしかったです。

挿入は
正常位でしっかり突きました。

彼女は
クンニでも手マンでも
感じてくれましたが
挿入しているときが
一番感じていたのです。

それは
当たり前の話ですが
エッチな声を聴けて
本当に満足でした。

腰を振っていれば
射精したくなってくるのが
男の定めです。

もう中に出してしまおう

そういう決断しかできませんでした。

冷静な判断ができないまま
彼女のおまんこザーメンを発射。

彼女は嬉しそうにこちらを
見続けていました。

電話中にセックスをするのに
興奮した彼女は
それにはまってしまったようで
セフレになった今でも
毎回実行しています。

この様な
変態がPCMAXにはわんさかいるのです。

登録無料 PCMAX (18禁)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA