出会い系史上最高に変態でドMなデカ尻女をスパンキングしてやった

 

最近僕の趣向が変わる様な

衝撃的な女性との出会いを

PCMAXで果たしました。

 

変わるというか

加えられたというか

新しいプレイに目覚めた気がします。

 

皆さん

 

スパンキングって良いですよ!

 

PCMAXで知り合った女性で

スパンキングを思いっきり楽しんだら

それ以来女性の尻を見ると

ヤリたいと思うのと同時に

叩いてやりたくて仕方ありません。

 

僕にそんな

新しい性的趣向を植え付けた女性との

出会いをご紹介いたします。

 

超絶ド変態のM女でした。

 

サイトでのやり取りもほどほどに

実際に会う約束をすんなりと

取り付ける事が出来た女性がいました。

 

25歳でOLをしている

何も特筆すべき点がないような

プロフ上では普通の女性。

 

梅田で待ち合わせをして

実際に会ってみると

顔立ちもまぁ普通。

 

仕事帰りの

黒髪ロングのニコニコしている

愛想の良い女性でした。

 

まぁ出会い系で会う女性の中では

良い方なのではないでしょうか?

 

軽く飲む約束をしていたので

有名な居酒屋のチェーン店に二時間ほど滞在。

結構話が盛り上がりましたので

店を出る頃には足取りが怪しくなっていました。

 

「大丈夫?休んでいこうか」

そんなテンプレの様な口説き文句を使い

ラブホに直行。

部屋に入るなりジャケットを脱ぎ

ベッドに横になる彼女を見て

僕も服を脱いでいると

「まだぁ~?」

と急かされました。

 

ヤル気満々なのが分かり

安心して全裸で上から覆いかぶさり

タイトスカートを捲り上げていると

唐突に

「早く叩いてよ!!」

と衝撃発言。

 

「え?叩かれんの好きなん?」

「ん・・・首絞められるのも好き・・」

目もトロンとして淫乱な雰囲気

 

居酒屋で過ごしている時は

全くと言って良いほどそんな発言をしなかったのに

ホテルで横になった途端

ドM発言全開です。

 

まぁ超絶変態な女なんて

一夜限りの関係を築くのには

大歓迎なんですけどね(笑)。

 

デカ尻にスパンキングしながら突きまくり

 

スカートを捲り上げ

ベージュのタイツも乱暴に剥ぎ取り

露わになったデカ尻を一発ペチン。

 

「んんっ!」

 

白いパンツがそれだけで

じわっと湿ったのが見てわかりました。

 

こいつぁド変態だな・・・。

 

そう思った途端

自分がかなり興奮していることに気付きました。

まずはフェラを要求

フェラで気持ち良くなると

パンツをずらし早速挿入しました。

 

「んんあっ!・・あ、・・あっ」

 

挿入の瞬間に腰を曲げ

強く喘ぎ声を漏らしていましたが

それ以降は少し大人し目な印象。

ガツガツと激しめにピストンしてみても

反応は変わらず。

 

後ろから突きながら

デカ尻を叩いた途端

 

「ああああんっ!!

もっと、もっとおおおんっ!!」

 

喘ぎ声が激しくなり

僕のチンコが膨張したのが分かりました。

 

ガツガツと激しく突きまくりながら

デカ尻が赤くなるくらいに

バシバシと叩き続けます。

 

「おら!ド変態が!

これが良いんだろ?どうなんだよ!!」

「ああああっ!!いい、いいですぅ!

ああんっ!あ、あああんああ!!」

 

バシバシと叩き続け

強く喘ぎ続けるドM変態女に

チンコが暴発寸前になり

赤くなっているデカ尻にぶっかけました。

 

デカ尻のM女にポコチンをこすり付けて欲望解放!

 

フェニッシュを迎えて

若干冷静になった頭で思い返してみると

スパンキングにかなり興奮した事を理解して

また突きながら叩きたい衝動に駆られました。

 

「おら、舐めろや。

まだ叩かれ足りないやろ?」

「んんっ・・・クチュ・・

ジュルジュル・・」

 

グチョグチョになっているチンコを

ドM女の顔に擦りつけると

パクっと咥え、舌を上手に使いながら

従順にしゃぶり続けました。

 

まだシャツを着ていることに気付き

フェラの最中に脱がしました。

 

デカ尻からも分かるように

割りと肉付きが良く

おっぱいもその分大きめでした。

 

「何だこの乳、

色んな男に揉ませまくってんやろ?」

「んんっ!!・・ん・・・」

 

おっぱいも叩かれると感じるみたいです。

しかし僕自身はおっぱいを叩いても

そこまで興奮しませんでした。

 

やはり叩くならお尻だと思い

ベッドから起き上がらせ

洗面台に移動。

 

立ちバックの態勢になり

後ろからチンコを擦りつけながら

スパンキングを再開。

 

「おら、まだほしいんか?」

「ああっ!はい、ほしぃです・・・」

「でけぇケツだなおい、ド変態が!」

「んん・・・っ!」

 

洗面台に手を付き、

されるがままになっているドM女。

 

何も言わずにまた挿入し

パンパンと後ろから激しく突きながら

腰を持っては尻を叩き

両腕を拘束して首を絞めたりと

ヤリたい放題セックスしました。

 

何をしても

ドM女のマンコが渇くことは無く

気付けば太ももを愛液がしたっていました。

 

「おい、潮噴いてんか?」

「ああっっ!んんっ!んあっ!」

「聞いとんのかこの変態が!!」

「ああああんっ!!はい!!はいぃぃ!!

きもぢぃぃぃ!!」

 

試しにチンコを勢い良く抜いてみると

ビチャっという音と共に

ドM女の潮が溢れ出てきました。

 

もう二発目も目前だったので

再度挿入してデカ尻を強く鷲掴み

揺らしては叩いてフェニッシュ。

 

二発目もやっぱりデカ尻にぶっかけました。

 

二発やってかなりスッキリしたので

もう用は無いとホテルに置き去りにし

身勝手な欲望を全て開放しました。

後日連絡してみると

普通に連絡が返ってきたので

また近いうちにあのデカ尻を叩くために

会う約束を取り付けたいと思います。

 

デカ尻ドM女と知り合ったのも

僕が頻繁に利用しているPCMAXなので

スパンキングをやったことが無いという方は

是非PCMAXで探してみて下さい。

 

きっとクセになると思いますよ(笑)。

 

登録無料 PCMAX(18禁)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA