変態女子大生といちゃラブセックスをして中出ししました

女子大生は
意外とエッチに飢えている子が多く
PCMAXでひっかけることができれば
かなりの確率で
エッチに結びつけることができます。

これは
あくまでも僕の推測ですが
大学に入る前に
処女だったとして
大学に入って処女喪失をしたとします。

すると
そのセックスの気持ちよさに
どうしても溺れてしまって
とにかくセックスをしたいと思うのです。

しかし
彼氏と別れたり
そもそも彼氏がいなかったりすると
一人でするほか
気持ちよくなる方法はありません。

しかし
PCMAXに登録してしまえば
もう暗黙の了解として
そういう人しかいませんから
簡単にセフレを見つけることができるのです。

そのため
とにかくエッチをしたいと思って
登録するからこそ
PCMAXの女子大生はやりやすい
そういう結論に至るわけです。

それに
やはり若い人とセックスをしていて
思うことがありますが
相手の性欲の強さに
どうしても勝てないということです。

僕自身も
30代にさしかかるまでは
何回戦でもセックスをしてやろう
そう思っていましたが
今は2回戦が精一杯です。

これは
エッチをする相手が相手ということもあり
年齢もやはり僕と一緒の年齢か
それ以上の人とセックスをするからです。

体力がない人が多く
何回戦もセックスできないのです。

しかし
女子大生クラスになってくると
最近セックスを覚えた子が多いので
とにかくやりたいという
気持ちが先行してしまうので
僕がグダっている間も
セックスをせがんでくるのです。

それほど
性欲が強いので
もうどうしようもなくなります。

今回は
その変態な女子大生
少し紹介していきましょう。

 

セフレを募集していた女子大生

セックスをするとなれば
やはりキーワード検索をしています。

今回入れたのは
年齢設定をしなかったので
セフレ 女子大生
でストレートに検索してみました。

すると
かなりの女性がヒットしたのですが
その女性の中でも
特に変態そうな女子大生を見つけました。

プロフィールには
画像を設定することができますが
その画像というのも
シャツを一枚着て
上から取っているものです。

パンティは見えませんでしたが
エロいふとももが映っていたので
この子は本当にエロいと
確信するまでにそう時間はかかりませんでした。

となればもう
アクションを起こすしかありませんから
僕のほうからメッセージをしてみました。

よかったら話しませんか?

という簡単な
メッセージを送り
しばらく返事を待つことに。

学校が終わる6時頃に
一つの返信が。

ありがとうございます!
こちらこそよろしくお願いします!

かなり
丁寧な子だったので
僕も丁寧な対応を心掛けることに。

紳士的な対応をしていると
彼女から翻弄される場面も多々ありました。

彼女がエッチだということは
もうセフレを募集している時点で
明確でしたが
最低限の常識はやはり
必要だと思っていたので
そこまでぶっこまずに
会話を続けてみることに。

すると
「今度会って話しませんか?」
とお誘いが来たのです。

となれば
もう相手に身を任せるしかなく
快く了承しました。

ホテルを予約してそのままセックス

彼女は大学が翌日休みで
僕も仕事が休みだったので
ホテルを予約することにしました。

 

そっちのほうが
ゆっくりできますし
やはり週末ということもあって
ラブホは混んでいます。

せっかく
エッチな雰囲気になったのに
セックスをできない
ラブホに入れないとなると
もう意味がありませんから
最初からホテルを予約したのです。

駅前に行けば
彼女が到着していたので
少し申し訳なさそうに彼女に
謝りを入れて挨拶をすることに。

すると
彼女は何も気にしていませんでした。

ホテルを予約したことを
彼女に話すと
そのホテルに行きたい!
といってきたのでそのまま
ホテルに直行することに。

ホテルに着くと
かなり高層階をとっていたようで
彼女は上から見える景色に
かなり興奮しているようでした。

ホテルについてから早速エッチ

ホテルについて
二人の空間が出来上がってしまうと
もうそこからは二人の世界です。

当然
エッチな雰囲気になります。

彼女は
若干大きいソファーに座って
スカートを脱ぎ始めました。

そして
股を広げてこっちを誘惑してきたのです。

あまりにも
性欲が溜まっているからこそ
そういう行動を起こしてしまったのでしょう。

しかし
僕もそれには
思わず興奮してしまったので
そのままパンティの上から
手マンすることにしました。

彼女自身も
それを受け入れてくれたので
僕のペースセックスができました。

パンティが好きな僕にとっては
もうたまらないひと時であり
お尻のほうを向かせて
もう一枚とってやりましたよ!!!

しかし
そんなことをしていると
彼女から怒られてしまいました。

「早く入れてほしい!!!」

もう
ムラムラが最高潮に達している彼女は
早くチンポがほしかったようです。

しぶしぶ
彼女のおまんこにいれてみると
とんでもない感覚が
体を走ってしまったのです。

ピリピリ伝わる衝撃がすごく
おまんこの締まりの良さに驚きました。

エッチすぎる彼女ですが
締まりも良すぎてしまうので
僕も腰を振り続けてしまいました。

久々に
こんなに締まりの良い
おまんこに突っ込んでしまったので
どうしてもイきたい気持ちにもなります。

しかし
このおまんこ
もう少し味わっていたい
そういう感覚にもなります。

そんな葛藤をしていると
もうイくじかんがやってきました。

たまらず
もう僕は中に出してしまったのです。

彼女は
全く抵抗することなく
僕に甘えてきたではありませんか。

あまりにも
エッチすぎる彼女と
いっぱいキスを交わして
最後のケアまでしっかりして
このセックスは終了です。

今回のセックスポイント
90点というところでしょう。

相手が若干マグロ気味だった
それが減点の対象となります。

しかし
セックス自体は満足です。

気持ちいい思いをしたいですか?
なら登録をしてみましょう。

登録無料 PCMAX (18禁)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA