巨乳女子大生がローターをホテルに持参する変態だった件について

女子大生を
PCMAXでひっかけてしまった場合
かなりエロいセックスが待っています。

僕は
熟女を抱くことが多く
基本若い子は抱かない主義でした。

しかし
一人の子から
PCMAXでメッセージが来てからはというと
もう若い子の虜になってしまったのです。

そもそも
熟女を抱いていた理由というのも
テクニックがあるからです。

確かに
中には熟女でも
まったくテクニックがない人もいて
ただのマグロということもあります。

自分の骨身とお金まで削って
さすがにPCMAXで出会って
そこまでしかセックスができないとなると
どうしようもありませんでした。

しかし
いざ若い女子大生
セックスをしてみたのですが
やはり若さに勝るものはありませんでした。

普段の生活の中で
サラリーマンとして働いていて
女子大生とセックスをすることなんて
そうそうないと思います。

事実
僕自身も
女子大生とセックスをするのは
PCMAXを使用しないとどうしても
結びつかないものだと思います。

若さゆえの行動
というのもありますし
何よりもエロさ
兼ね揃えているというのが
今回のポイントでした。

テクニックもそれなりにあって
それでいて変態で
自分からローターを持参するということもあって
その子が変態であることはもう
明確だったのです。

そのため
今回は
その女性について
少し紹介していきたいと思います。

相手からのお誘いから始まる

普段
PCMAXを利用していて
相手からのメッセージで
始まるということはそうそうありませんでした。

あるとしても
自分主導で始まることが
多かったのです。

僕から
メッセージをすることによって
基本的にはやり取りが
開始していたのです。

しかし
今回の女性に関しては
相手からメッセージが来ました。

メッセージが来てから
しばらくやり取りをしていたのですが
どうも異変に気付き始めたのです。

相手が
何か話したそうにしている
素振りを見せ始めました。

しかし
それについて聞いたとしても
何も答えることがなかったので
意を決して

「エッチなことは好きなの?」

と聞いてみることにしました。
ここで返信がなければ
それまでと思っていたので
その返信次第で
どうなるかということです。

しかし
相手はそのメッセージにノリノリで
待ってましたと
言わんばっかりの行動をしてきたのです。

むしろ
自分はエッチ
普段エッチなことばかりを考えている
そう言ってきたのです。

本当か?

と思いましたが
特にそれについて疑問に思うこともなく
相手を信じてみることに。

相手とのやり取りをしていく中で
少し相手に会ってみたいなと
感じるようになりました。

そこで
会うアポイントを取ってみれば
彼女はそれに快く了承してくれたので
ひとまず会ってから話すことになったのです。

ホテルに入れば変態に

会ったのは
昼間からで相手も
学校終わりでした。

幸い
僕は平日が休みだったので
普通に会うことができました。

もろ
女子大生という感じで
スタイルに関しては
かなりおっぱいが大きかったです。

あまりにも
大きかったもので
脱いだらどうなるか
そういうことしか
考える余裕がありませんでした。

事実
おっぱいが大きすぎて
もうどうしようもないほど
彼女のおっぱいは
服の上からでも確認できました。

足早に
彼女が向かっているのは
ホテル街でした。

平日ということもあり
誰も周りにいないことをいいことに
堂々とホテルに入っていく彼女を見て
本当に変態なんだなと実感していたのです。

ホテルに入ると
彼女は一気に変態さを
露出してきたのです。

彼女は
バックの中から
ご自慢のローターを取り出しました。

白いローター
私に渡して
パンティの中に挿入するように。
そう指示してきたのです。

パンティを見れば
あたかもローターを入れるために
作られたかのような
穴あきパンティをはいているではありませんか!

そして僕は
そのパンティの中に
ローターを入れて
彼女を感じさせていました。

しかし
それだけでは
さすがに物足りなかったので
僕は彼女に挿入することにしました。

彼女は抵抗することなく
受け入れてくれて
チンポのほうが気持ちよかったのか
精一杯喘いでいました。

突けばつくほど
おっぱいは揺れることを忘れず
ブルンブルンと震えているではありませんか。

それに興奮してしまった僕は
思わず早めに射精してしまったのです。
そうです。中で出してしまいました。

女子大生とのセックスの気持ちよさは?

PCMAXで
女子大生とセックスをしたのは
これで3回目です。

若い子とセックスをしてしまえば
その味に覚えてしまい
もうほかのセックスが
どうでもよくなってしまいます。

熟女とのセックス
確かに充実したものができますが
少し物足りない部分があります。

テクニックがあったとしても
やはり若さのほうに軍配が
上がってしまうと僕は思っています。

実際
チンポを挿入した時の感覚が
まるで違いました。

締め付けるように
チンポにからみつくまんこを
想像してみてください。

もう考えるだけで
気が狂いそうになります。

気持ち良すぎるあまり
あまり僕は声を出さないのですが
思わず声を出してしまうほどです。

この様に
エッチな彼女だからこそ
実現できたのではなく
若い子だからこそ
アクティブなセックスができたと思っています。

皆さんも
登録して同じような思いを
味わってみませんか?

 

登録無料 PCMAX (18禁)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA