PCMAXで夫の浮気に悩む清楚な人妻とドロドロセックス

PCMAXでは出会い系で女の子探して、
気軽に遊んでます。

私が興奮する人妻というジャンル。

響きがエロエロでしょ

和代さんとの出会いが僕を
目覚めさせました。

いきなり「ヤリ目」というのが嫌な僕は、

気楽に話せて、気楽に食事して、
気楽にドライブ行ける子募集。

あと、

B‘z好きっみたいなメッセージを、
出会い系サイトのPCMAX
載せました。

なかなか食いつき悪かったんですが、
メールくれたのが和代さんでした。

ちょっとお姉さん・・・

おばさんかもしれないけど、

B‘z好きです

とありました。

僕は、「おばさん」と聞くと、
割烹着を着たような人をイメージ
するので、ちょっと引いたんです。

しかし、

とりあえず返信しなきゃと思い
和代さんにメール返しました。

そこでやり取りが始まりましたが、
なんか、感覚が合うんです。

「38歳、既婚、子ども無し」

すごく感性が若く、B‘zの曲も好みも
似ていて、もっともっとメール交換し
たいと思いやりとりを続けていました。

そんなある時、和代さんが

「夫と離婚するかもと。

「どうして?」

と訳を訊くと、原因は夫の
浮気だとのこと。

「離婚しちゃえば?」

と返すと、

「夫を愛している自分がいる」って。

”うわ、面倒くせー”

と思いましたが、とりあえず、
静観することにしました。

で、ある時、

B‘zの稲葉さんがソロでライブ
するという事になったので

「一緒に行きません?」

と誘うと、

「行きたい」

と和代さん。

こうして、和代さんと初対面
することになったのです。

待ち合わせ場所にやって
来た和代さん。

僕ははっきり言って、
勃起しました。

「おばさん」って言ってたけど、
全然そんな感じてはないんです。

身長は165センチぐらい。

色白の清楚な美人で、
スレンダー系で脚も長くて。

僕が見とれていると、

「何か、付いてる?」って

自分の顔をさすりながら和代さん。

コンサートに行って盛り上がりました。

盛り上がりながら、僕が手をつなごうと
すると、和代さんは手は繋いでくれました。

しかしためらいながらの感じでした。

コンサートが終わると夜の9時を回って
いたのでこの日は解散になりました。

僕は家にに帰って、和代さんのことを
思い浮かべて何回もシコりました。

今晩泊めてほしい!

 

それからも和代さんと度々
メールのやり取りをしました。

僕としては、何としても和代さんを
落としたいという思いでした。

和代さんは、夫に愛されない寂しさ
を埋めるために僕とやりとり
している感じでした。

僕は和代さんと会いたくて、何度も
「会いたい」メールをしました。

和代さんは、コンサートに一緒に
行って以降は、なにかと理由をつけて
会ってくれませんでした。

知り合ってから3か月ほどたった
土曜日の日中のこと。

和代さんから

「今晩、会いたい」

とメールがありました。

僕は

「来た来たーーーー」

と思い、訳を訊くと、

「旦那とケンカした」

とのこと。

今日はハメハメ、パコパコ決定

チンポを勃起させながら待ち合わせ
場所で待機してました。

すると和代さんが現れました。

久々の再会にテンションMAX

ちょっと大人な雰囲気で攻めようと
思い食事はイタリアンを選択

ワインを飲みながらたわいもない
会話で盛り上がりました。

この後どうする?

って話になり自然な流れで
ホテルにいく事に・・・

ムフフな展開に勃起全開(^◇^)

しかしホテルに入るなりムラムラが
抑えられなかった僕は、いきなり
襲ってしまいました。

和代さんは

「ちょっと待って」

と抵抗していましたが、エロエロ
モード全開の僕には勝てません。

僕は、まだ2回しか会ったことの
ない和代さんのシャツをたくし上げ
ました。

それから欲望のままにでブラを
ずらして乳首に吸いつきました。

舌でレロレロしていると、
和代さんはすぐに落ちました。

半分抵抗しているきゃしゃな和代さんを
ベッドに抱えていきました。

僕は本能のままに、和代さんのパンツと
ショーツを剥ぎ取りました。

下半身をすっぽんぽんにすると、長い脚を
カエルのように開かせ、剥き出しの
マンコにむしゃぶりつきました。

熱くなったそこは、かなり濡れていて、
石鹸の香りがしました。

家を出るときにしっかり洗って
きたのが分かりました。

僕は欲望のままに、人妻の和代さんの
マンコを舐めまくり、してマンコ
をいじり倒しました。

 

今でも和代さんが夫のことを愛して
いると思うと、よけいに興奮しました。

我慢の限界を迎えた僕は、自分も
下半身裸になり、痛いぐらいに勃起した
チンポで和代さんのヌルヌルになった
マンコをいじりまくりました。

和代さんがチンポに手を伸ばしてきて、

「すごい……固い……」

と震える声で言いました。

互いに濡れまくりで、入れた瞬間から
スムースでした。

「やりたかった、はめたかった」

と僕が言いながら突くと、和代さんは

「あーん、そこは駄目駄目……」

と悩ましい声をあげながら、
ギュンギュン締め付けてきました。

「外に出して」

と言う和代さんを無視して、
和代さんの中の奥深くに思いっきり
射精してしまいました。

僕が一滴も残らず絞り出そうと腰を
動かしていると、和代さんは脚を僕の
尻にからみつけてきて、自分も腰を
押しつけてきました。

テーマは「旦那を忘れさせる」

和代さんの体に大満足
その後はイチャイチャしながら
たわいのない会話でまったりモード。

会話の流れで旦那の浮気の話になりました。

何故浮気がバレたのかについては
夫の携帯に不倫の証拠となるLINEの
やりとりを見つけて問い詰めた所
開き直られ、大喧嘩になったとのこと。

結婚して10年、共働きですれ違い
生活が続いており、

「近々、離婚するかも」

と和代さんは言いました。

僕は、

”こんな綺麗な人妻にそんな事を
言わせるなんて、もったいない”
と思いました。

着替えをしている和代さんを見ると、
またムラムラしてきた僕は、後ろから
和代さんにいたずらしました。

和代さんは、

「こらこら」

と言いながら、僕にカラダ中を触られ
ながらも、やる気モードになっていました。

互いに裸になって本格的に
セックスしました。

最初はためらいがちだった和代さんの
キスですが僕が貪欲になればなる程
和代さんも貪欲に求めてきました。

その日の僕のテーマは、

人妻の和代さんに
「旦那のことを忘れさせる」でした。

和代さんを裏にし、表にして色んな
変態な格好をさせて舐めたり
いじったりしました。

さらに、

フェラさせながらオナニーさせたり、
ヒンズースクワットの格好で指マンして
潮を噴かせたり。

卑わいなことも言わせました。

あなたが悪いのよ……

私も仕返しとして、若いチンポ、

はめてもらってるから……

あぁぁぁ……

あなたのチンポより最高……

固くて、反り返った……

スケベチンポ

はめられてるから……

あぁぁぁぁぁ!

綺麗な顔を精子まみれにして
やろうという制服願望の為に

顔射してやりました。

綺麗な顔が精子まみれで
談満足です。

 

はまり過ぎた人妻の魅力

知り合ってから半年以上がたちますが、
今も和代さんとはたまーに合って
合体する関係は続いています。

もう、人妻の魅力から離れられません。

和代さんは、今では完全に開き直って、
僕とのセックスを楽しんでいます。

夫とは離婚せず、つかず離れずで
いくそうです。

和代さんとセフレの関係が続けれる
事ができるのであれば僕は
どちらでもいいのです。

人妻不倫女性と出会うならココ

PCMAX(18歳未満は利用禁止)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA