PCMAXにいた巨乳Gカップ女の乳輪が巨大乳輪だった件www

 

僕はPCMAXを利用して
もう数年が経過する
年長プレイヤーですが
そこの中で見栄えた
一つの性癖があります。

それは巨乳です。
巨乳フェチということに
自分が気づかされました。

 

貧乳の子とセックスすることも
ありましたが若干
物足りなさを感じていた僕。

事実
セックスをしても
どこかおっぱい
揺れていないと興奮しなかったのです。

中には
貧乳でも
おっぱいが揺れる子がいましたが
それでも物足りなさを感じていました。

そうです。
僕は単なる巨乳ではなく
巨大乳輪の巨乳が好きなのです。

貧乳の子には
乳輪が大きい子はいませんでした。

むしろ
巨乳な人ほど
乳輪が大きいという基準があり
僕が出会ってきた子は
みんなそうでした。

中でも
今回は特にエロかった
Gカップの巨大乳輪の子について
少し紹介していきましょう。

巨乳なほど乳輪が大きい?

僕の経験として
巨乳なほど乳輪が大きいと
思います。

PCMAXで出会った
この女性に関しても
巨乳で乳輪が大きかったです。

CDシングル以上の
大きさはおそらく
あったのではないかと思います。

 

いつも通り
PCMAXで女性を探していると
Gカップだということを
強調している女性を発見。

そうです
その巨大乳輪の女性だったのです。

 

ひと際目立っている彼女は
谷間の画像をサムネに設定
していました。

 

大体こういう女性に限って
PCMAXに限りますが
ヤリ目という確率が高いです。

僕自身も
何度も谷間をサムネに
設定している女性と
出会ってきましたが
やはりワンナイトが多かったですね。

 

アプローチを仕掛けてみると
すぐに返事がきました。

やりたい放題できるのが
PCMAXですから
最初からエロいスタンスで
彼女に接してみることに。

「谷間に挟まれたいです」
「揉みしだいてみたいですね」

などと
変態おじさん張りの
メッセージを送ってみたのですが
彼女は抵抗することなく

「実際に会って揉んでほしいなあ」

といってきました。

この時点で
もう会えることは確定しており
ワクワクが止まりませんでした。

エッチをしたいという考えが
とりあえず頭の中に広がり
何をどうしても
巨乳であることが
頭から離れませんでした。

待ち合わせ場所は駅前にして
所定の時間に行ってみると
Gカップを隠し切れない
服装で彼女はたたずんでいるのです。

周りからの視線も痛いくらい
胸に釘付けになっていました。

しかし
その胸をこれから
堪能するのは僕であり
思わず声をかけてしまったのです。

有無も言わずホテルに直行

初めての挨拶をする間もなく
とりあえず話はホテルで
ということだったので
急ぎ足でホテルに向かうことに。

お互い
明日は仕事がないということで
ホテルに宿泊でした。

相手も
そのスタンスで僕に
接してきていましたから
とりあえずホテルに到着。

ホテルに到着するや否や
彼女は服を脱ぎ始めました。

「早く触って?」

と僕に言ってきたのですが
そこにあるのは
大きすぎて目も当てられないほどの
巨乳おっぱい。

そしてなにより
乳輪が巨大たるや。

最早
これは今までで見た中で
一番大きかったように思えます。

あまりにも
大きすぎてしまったので
見ただけでも
勃起が止まりませんでした。

そこから
色々と僕は考えていました。

このおっぱい
どうやって感じさせようか。

 

とりあえず
揉んでみることに。

あまり
柔らかくはありませんでしたが
乳首はビンビンに勃起。

その姿を見て
少しかわいさを覚えてしまったのか
僕は一心不乱に
乳首を吸い付くことに。

吸い付いてしまえば
彼女は声を荒らげて
感じてしまっています

流石の僕でも
その状態には興奮を隠し切れません。

 

勢いに身を任せ
下のほうも触ってみることに。

執拗な乳首攻めにより
下はもう大洪水でした。

濡れている揉んですから
特に前戯をすることはなく
そのまま挿入へと移る段取り。

挿入してみれば
また違った世界が見えていました。

正常位をしてみれば
彼女のGカップおっぱいは
ゆれることを忘れません。

揺れてはまた
巨大乳輪が視界に入ります。

やはり
乳輪は大きいことに
越したことはないと悟りました。

あまりにも
エロすぎるもんですから
終始僕のチンポはフルボッキ。

しかし
それと同時に
気持ちよさのあまり終焉の時に。

そうです。
射精をしなければならないのです。

流石の僕でも
まだ物足りなさを感じていましたから
イきたくないと思っていましたが
体は正直ですね。

射精をしたいと脳が
信号を送っていました。

 

どこに出そうか迷っていましたが
男たる故中で出さなければなりません。

そうこうしている間に
考える間もなく
静かに中で出してしまいました・・・

相手は
特に抵抗しませんでしたが
しきりに下のほうを確認しており
若干不満そうにしていましたから
何か言いたげだったのでしょう。

しかし
特に気にせずしっかり
お掃除フェラまでさせてやりました!

巨乳と出会うならPCMAX

このように
PCMAXを使用して
長年経つ僕でも
フェチを開発することができました。

巨乳フェチのみならず
乳輪フェチという
新境地を開拓するという
第一次世界大戦中の日本も驚きです。

巨乳ということもあって
僕は
目を当てられませんでしたが
現実を受け止めれば
それはもう非現実へと変わっていました。

揺れる巨乳と
見え隠れする巨大乳輪。

このセックスは一生
忘れることはないでしょう。

おいしい経験をした僕ですが
やはりPCMAX様様です。

出会えない、出会えるわけない
と思っているそこのあなた。

一旦登録して
僕のようなPCMAX長者に
なってみるとよいでしょう。

一年後あなたはきっと
PCMAXマスターになっているはずです。

登録無料 PCMAX(18禁)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA